お問い合わせフォームへ移動

menu

スタッフ紹介

希望や輝き、感謝で溢れる介護

全室個室で一人一人の生活スタイルやプライベート空間を大切にご入居者様、ご家族様とお部屋作りをしています。毎朝のラジオ体操をスタッフと共に行い、手足の運動やゲーム感覚で楽しめるレクリエーション、カラオケや映画放映など日替わりで実施しています。
ご入居者様それぞれの人生がある中で今だけを見るのではなく幼少~成人期、今とこれから全て「継続したつながりのある人生」であること。その人らしさを見い出す人生カルテで過去を大切に人生の豊かさを1ページずつ増やしていきます。
その人らしく生活を送って頂く為には生活動作も重要になってきます。人の自然な動きを理解し、ご入居者様、介護者も安心安楽なケアになるよう努めています。
介護に大切なのは「気づき」相手のことを想うからこそ感じるもの。ちょっとした変化や気持ちを受け止め、希望や輝き、感謝で溢れる介護を目指し取り組んでいます。

スタッフの写真

旬の食材を使用した暖かみのある食事を目指しています

青藍の郷のお食事は、栄養バランスはもちろんのこと、季節感を取り入れ、旬の食材を使用し、家庭的な暖かみのあるおいしい食事を楽しんでいただくことをめざしています。
お食事を毎日の楽しみとしていただけるよう、毎月、全国各地の郷土料理を取り入れたイベント食、お正月やクリスマス等の行事食を企画しています。
また、咀しゃく、嚥下困難な方、食事制限がある方には、個々の身体の状態にこまやかに対応していけるように、刻み菜やミキサー食等の食事形態や、治療食もご用意しています。
青藍の郷は直営のため、入居者様のご意見・ご要望をすぐに取り入れることができ、なおいっそう喜んで頂けると思います。
是非、一度試食に来られてはいかがでしょうか。

スタッフの写真

素敵な笑顔は 健康の源

誰もが美味しい『ごはん』を食べれば、すてきな笑顔になります。すてきな笑顔は健康の源となり、元気に楽しい日々を過ごせると考えております。
その為には、調理前の仕込み時から、野菜の切り方、肉の大きさ、魚に対しての調味等、入居者様が食べやすいように工夫し、様々なバリエーションを取り入れ、『美味しいよ』と言っていただけるまで突き詰めていきたいと思っております。
また、一目見て美味しいと思える盛り付け、香りで感じる食欲、舌で味わう美味しい食感を大切にしています。
美味しいものを作る楽しさを知っているスタッフ一同が、心よりお待ちしております。

スタッフの写真

一つ屋根の下 皆で居心地の良い空間を

多くの方が「住み慣れた自宅で最後まで暮らしたい」そんな思いを持っておられると思います。そんな中でご縁があって『青藍の郷』にご入居してくださった方々の新たな『住まい』での生活が始まっています。
お一人お一人を深く理解し、その方の価値観、生き方、暮らし方を尊重しながらこの『住まい』での暮らしをお手伝いし、これからの人生、新しい生活が充実したものになる事を目指していきます。
仮にご苦労が多かったこれまでの人生だったとしても最終的に素晴らしい人生だと思っていただけるようなお手伝いができればうれしいです。
その為に日々、ご入居者様の声に耳を傾け、その想いをスタッフ全員で共有し、同じ方向を目指してそれぞれの役割を果たして行きたいと思っています。
『青藍の郷』はまだまだ生まれたてです。
人生の大先輩であるご入居者様から教わる事も多く、これからも一つ屋根の下、みんなで居心地の良い空間を作り、できるだけたくさんの楽しい思い出が作って行ければと思っています。

スタッフの写真

介護に最も大切なのは「心」

若草山が見える、のどかな郡山に介護付有料老人ホーム「青藍の郷」を開設し2ヶ月が過ぎました。ご入居者様は、生きてきた時代背景や人生経験の積み重ねをそれぞれお持ちです。その中で加齢に伴って、老化や疾病による生活機能が低下された方々ですが、毎日の生活に何か安心できる雰囲気を感じ、一日を楽しく笑いのある場に介護職員もご入居者様も「笑い」を絶やさずに満ち溢れる場所を作りたいです。
まったく「痛い。痛い。」と言われて動くこともままならない方が、当施設での生活を送っていくうちに、車椅子に座ることができるようになりました。自分の言葉で伝えることができない方が、自分の意思を言って下さるようになったのです。凄い事ではないでしょうか。それらを一番間近で感じられるありがたい特権をいただけるのです。スタッフ全員がこのような体験をし、それらがすべてスタッフを成長させてくれることに改めて感謝しています。
「介護とは」と立ち止まってみて、介護に最も大切なのは、知識でも技術でも経験でもなく「心」であると私は信じています。「心」の成せる業である、「愛」そのものであると信じていきたいです。

スタッフの写真